top of page
  • 執筆者の写真Mayumi Robertson

英国のワイナリーでも収穫の秋到来🍇 

すっかり更新が滞ってしまっていたブログ・・・更新再開です💦

「継続は力」 ― 今後は読者が少ない事にめげずにコツコツと書き続けます。

継続しているうちに読んでもらえるようになることを願って、イギリスワイナリーやワインについて発信していきます!


さて本題。


王侯貴族がコレクションしていた歴史から、ワインの取引が盛んなロンドン✨

世界中のワインが入手しやすいので「イギリスワインを飲む、買う」はアリです! でも「イギリスワイン」と聞くと 「え?」と思う人がまだ多いかも知れませんね🍷


しかし!今やイギリスのワインは、その品質の高さでワイン通に一目置かれる存在になっています🍾✨

しかもイギリスのワイン造りはまだ新しい産業なので、幼な子が成長するような凄まじいスピードで年々進化しています👶

10年後にはイギリスのワイナリー巡りは、英国観光の新しい目玉になっていると予想されます。 


日本から観光で渡英される方にも、是非一度、訪問して味わっていただきたいです。

(その際はおススメワイナリーをご紹介いたします。何事も、出会いは最初が肝心!!! 高品質のイングリッシュワインを試飲していただきたいです✨)



そして、今年もワイナリーでは収穫の季節がやって来ました。天候に恵まれた今年は、どこも収穫日が早めです。(2021年は春先の寒さが厳しかったので、収穫日がかなり遅かった💦)

良いワインを造るには良いぶどうから🍇」と、よく言われます。丹精こめて育てたぶどうが収穫に適した状態になったところで、素早く刈り取ることが重要です。

そんな重要な収穫作業、実は地元のボランティアに支えられているワイナリーがほとんどなのです。


Brexit以前は、東欧からプロのピッカーが沢山渡航して収穫していたのですが、今は以前ほど簡単に集められなくなりました。 それで、多くのボランティアによる収穫・・・という構図が出来上がっています。(もちろん、プロのピッカーもやって来ますが、足りない!)

ボランティアは多くのワイナリーで無償です。でもランチタイムには、ランチとワインがふるまわれます🍷



去年の写真*


緑あふれる郊外のぶどう畑。ぶどうの木々の間を渡る風に吹かれつつ、終日おしゃべりしながらの収穫作業は、なかなか癒されるものがあります。都会のくすぶりやヤサグレ感を1日で吹き飛ばしてくれることでしょう👍

ガーデニングもそうですが、自然とのふれあいってセラピー効果が大きいですね。

ご興味のある方、是非参加してみてください。お奨めの一つは:


ダーモット・スグルーさんのぶどう畑@イーストサセックス(Lewes駅から送迎あり)


↑ 私はこちら、Dermot Sugrue氏の所の収穫に参加する予定です。


一応リンクを貼りましたが、すぐに応募者で一杯になってしまいます。

大雨だと、普通は収穫日が変更になります。晴れるといいなぁ。


収穫を手伝った人全員に、彼のシグネチャー的ワイン「The Trouble with Dreams 2017」(£44相当)1本が進呈されます。(これって結構太っ腹~)


個人的意見ですが、Dermotさんはイギリスワイン醸造家のトップ3に入るスゴイ人です。Nyetimber, Wistonの元醸造担当者、その他のワイナリーにも醸造コンサルタントとして参画。彼が手掛けると洗練された優雅なスパークリングワインになります。


そのWiston Estate(ウエストサセックス)もお奨めワイナリーですが、ここも速攻で4日間の収穫日が埋まってしまいました。

こちらも収穫を手伝った人全員に、スパークリングワインが1本進呈されます。




他にも沢山のワイナリーで収穫ボランティアを募集しています。

気になるワイナリーにメールで問い合わせるの手です。(少数派ですが、プロのピッカーしか使わないワイナリーも存在します。)


さあ、イギリスの短い秋が始まります🍇

Comentarios


bottom of page